Florian Busch Architects フロリアンブッシュ建築設計事務所

Prototype

Tile Turbulence

2008-


Tile Turbulence is a feasibility study for façade screen tiles that can be fine-tuned at material level to achieve a continuous variation of shading and transparencies.

 

Analyses of site specific light levels and coefficients are fed directly to rapid manufacturing technologies and thus seamlessly produce a range of optimum solutions at material level.

Tile Turbulenceは材料レベルでシームレスに様々な環境に反応できる新しい材料研究の実行可能分析プロジェクトである。

コンピューター解析によるデータはラピッドマニュファクチャー技術で直接最適化された材料を造形する。

Japan
日本

Type:
Research, リサーチ

Status:
Ongoing, 進行中