Florian Busch Architects フロリアンブッシュ建築設計事務所

Photograph © Hiroyasu Sakaguchi AtoZ

Photograph © Hiroyasu Sakaguchi AtoZ

Photograph © Hiroyasu Sakaguchi AtoZ

Photograph © Hiroyasu Sakaguchi AtoZ

Photograph © Hiroyasu Sakaguchi AtoZ

高田馬場の家
House in Takadanobaba

2010 – 2011


Not only in the context of a culture so based on the transitoriness of nature, being able to live with the seasons in the middle of today’s Tokyo is true luxury.

 

 

The site for this private residence is an urban gap left over from relentless sub-divisioning, a 22m deep yet only 4.7m wide strip perched between built masses in central Tokyo. When the brief asked for a wide open living space where breathing within the confines of the city was possible, we proposed an architecture of the exterior that claims the space around it by extending beyond its limits.

 

 

“The inside is nothing but a fold of the outside.” – Michel Foucault

 

Moving through the building reveals strikingly different atmospheres along the three levels’ alternating orientations. As there are no partitioned rooms, the sites’ unusual depth is felt and emphasised on each level. Soft fabrics countering the hardness of the concrete add layers of ambiguous spatial nuances.

 

The House in Takadanobaba is a departure from understanding housing as enclosing: The urban exterior continues in an open fold of fluidly interconnected spaces for living in the interior of the exterior.

Structural Openness

The conceptual openness is achieved by dissolving structural rigidity into a liberating play of alternating pin connections. The floor-wall-ceiling fold becomes a structurally continuous frame that is held both apart and together by a few incredibly fine steel columns: 80mm diameter on the first and second, 60mm on the third floor. The wall between the columns functions like a tall beam. Lateral torsion by seismic forces is countered by the structure making use of the building’s length of 18 metres. Seismic shear forces are transmitted downward via the concrete fold and the lateral torsion that occurs during earthquakes is countered by the cross-section’s flat beam-column composite.

Urban Field of Folds

In redefining inside and outside, a field of folds might create pervious continuities in a city of gaps freeing us from the suffocating massiveness of our urban environments.

 

For more, follow our Picture Book Chronology on the House in Takadanobaba

 

従来、人を守る為の家は外と遮断するようしっかりと壁で覆われたハコとして創られ、そのハコの中で人々は生活してきた。
東京にはそのハコが所狭しと並び、互いの壁との間で無造作に残された、もはやどちらが内か外か分からない隙間がただ漠然と存在する。

高田馬場の家。間口3.7m長さ18m。
地面から床→壁→天井→と一枚で構成されたこの家の中には仕切るものがない。
ましてや、外部とを視覚的に遮断する壁もなく延々に外へと空間が続いている。
玄関を入り、上下をつなぐ螺旋階段を上って、様々な居室へと続く。
従来の壁の代わりに内部の壁には、静かに揺らぐ竹の陰影が映し出され、
中からは、遠く見える都心のビル群や、この場所に根付く一本の大木が四季を通して変化を続けている姿を眺められる。

開放性へ向かって

本建物は蛇腹状のRC躯体と鉄骨柱により構成されている。鉄骨柱は主に長期荷重を負担するピン柱で、無垢の丸鋼とすることで径を抑えている。鉄骨柱間の壁はせいの大きい梁として長期荷重を支持している。

RC躯体の内部には壁・スラブと同厚の扁平な柱梁が設けられており、短辺方向の水平力はその柱梁がラーメンとして負担する。

長辺方向の水平力には耐震壁が負担する。耐震壁のせん断力は、スラブを介して下階の耐震壁まで伝達される。その際、建物全体に生じるねじりに対しては短編方向の扁平な柱梁が抵抗する。

この様な構造概念によって、開放された建築が実現する。

この家の内は常に流動的であり外を外部としてでなく、まわりの環境をも一連の物語として中に取り入れるのである。
本来、人間にとって素材・質が重要であるように家もまた同様である。
化粧されたものを削ぎ落とし、素材が持つ可能性をこの土地におくことによって新しい変化が生まれるであろう。
都心の隙間の中で、それらが持つ可能性と、人が住むという事と、外の環境が合わさりこの家はまたさらに流動的な発展を続けていく。

Tokyo, Japan
東京、日本

Type:
Residential, 住宅

Status:
Completed, 竣工

Project Team:

FBA: Florian Busch, Sachiko Miyazaki, Momoyo Yamawaki
Structural engineering: OAK (Masato Araya, Tomonori Kawata)
Environmental & mechanical engineering: ymo (Hiroyuki Yamada, Natsumi Tsuchiya)
Textile design: Yoko Ando
Contractor: Yabusaki Corp.
FBA: フロリアン ブッシュ、宮崎佐知子、山脇ももよ
構造: OAK 新谷眞人、川田知典
設備: ymo 山田浩幸、土屋なつみ
テキスタイルデザイン: 安東陽子
施工: 藪崎工務店



Gross floor area: 153 m² + 26 m² terrace
Reinforced Concrete, Steel
延べ床面積 153 m² + 26 m²テラス部分
鉄筋コンクリート造